検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤周作の未発表中編見つかる=「サディズム」テーマに58年執筆(時事通信)

2010.05.01
 「沈黙」「深い河」などの作品で知られる作家、遠藤周作(1923~96年)の未発表とみられる中編小説が書かれたノートが、24日までに長崎市の遠藤周作文学館で見つかった。未完成ながら遠藤文学研究の貴重な資料となりそうだ。
 ノートは、遺品整理中の学芸員が2008年12月に発見した。「われら此處(ここ)より遠きものへ」と題し、舞台は第2次大戦後のフランスのリヨン。小説家マルキ・ド・サドを研究する日本人留学生「小杉」と、戦争中にレジスタンスの活動家として秘密警察から拷問を受けた黒人学生「バシカ」の2人が、それぞれ内省していく。
 執筆当時の日記も見つかっており、1958年9月から10月にかけての記述で、この小説を「Sadizme(サディズム)を現代の悲劇に浮かびあがらせるもの」とつづっている。
 小説は400字詰め原稿用紙に換算すると約80枚分。B5判のノート、80ページにわたって、青色のペンで独特の丸文字で書かれている。発見時、表紙は付いていなかった。
 学芸員の池田静香さんは「遠藤文学の初期のテーマである人間の『悪』の問題を追究している。この草稿の資料的な価値については今後詳しく調査していきたい」と話している。
 ノートと日記は5月22日から始まる同館創立10周年企画展で公開予定。 

【関連ニュース】
「中国は変わらなければ」=人権活動家ハリー・ウー氏
カンボジア中学生に「命の授業」=ポト派収容所跡で沖縄平和館員
横浜事件、実質無罪=刑事補償交付を決定
日本、拉致解決へ行動を要求=国連人権理が北朝鮮審査会合

<伊藤和也さん>遺志継ぎアフガンに寄宿舎 基金に2千万円(毎日新聞)
政権に打撃、小沢氏進退再燃=首相に更迭求める-民主渡部氏(時事通信)
不明夫の車、福井で発見 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)
超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会(読売新聞)
<陸山会事件>「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に(毎日新聞)

山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)

2010.04.24
 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】スペースシャトル「ディスカバリー」で米東部時間20日午前(日本時間20日夜)、無事帰還した宇宙飛行士の山崎直子さん(39)が同日、夫大地(たいち)さん(37)、長女優希ちゃん(7)と15日ぶりに再会した。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 大地さんらは、ケネディ宇宙センターの滑走路で着陸を見届けた後、家族専用の宿泊施設に待機。山崎さんが2人の待つ施設に到着すると、優希ちゃんは待ちきれず部屋から飛び出し、エレベーターホールで山崎さんに抱きついたという。

 大地さんは自身の簡易ブログ「ツイッター」で「さっきまでは帰還の勢いで元気そうだったが、帰還が1日延びたのが結構大変だったみたい。今日は一日中ゆっくりリラックスさせてあげようと思います」といたわった。

 山崎さんら乗組員は21日、訓練の拠点があるテキサス州ヒューストンに移動。地元で開かれる帰還歓迎式典に参加する。

【関連ニュース】
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

中華料理店から出火4棟焼失 堺(産経新聞)
高速新料金、6月実施困難に=国会審議経ての修正に含み-前原国交相(時事通信)
鳩山総理の「内閣崩壊」 官房副長官電話に「わからない」(J-CASTニュース)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況-公安調査庁(時事通信)
<深大寺そば>無断でJASマーク 製粉会社など書類送検(毎日新聞)

舛添、東国原氏あす会談(時事通信)

2010.04.21
 自民党の舛添要一前厚生労働相は14日午前、国会内で記者団に対し、東国原英夫宮崎県知事と15日に都内で会談すると明らかにした。地方活性化について意見交換するのが目的だが、夏の参院選に向けた対応も話題になるとみられる。
 舛添氏は橋下徹大阪府知事に「大阪経済特区構想」を持ち掛けるなど、知名度の高い知事らとの連携に意欲を示している。こうした行動が、舛添氏は新党も視野に入れているとの憶測を呼んでいるが、同氏は「あらゆる可能性はすべてオープンだ。わたしのスタンスは1ミリもぶれていない」と強調。インターネット上に「政策を集大成して、国民に信を問いたい」と記したことについては、「一つの政策集をまとめる作業をしている」と語った。 

【関連ニュース】
舛添氏との連携を否定=橋下大阪知事
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加
「国歌、歌うのは義務」=新採職員に訓示
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」

すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
「侵害明白な場合のみ賠償責任」=発信者情報開示拒否で初判断-最高裁(時事通信)
増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)

私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?(産経新聞)

2010.04.17
【風】女の生き方

 情報関連会社に勤める友人(28)=既婚=は、経済評論家の勝間和代氏の生き方にあこがれ、ライフスタイルをまねる“カツマー”の一人だ。著書に目を通し、書かれているノウハウを次々に実践している。「自動車を持たない」「たばこを吸わない」…。さすがに「お酒を飲まない」まではまねできないというが、最近では勝間氏の影響で、片道10キロの自転車通勤を始めた。

 その友人に勝間氏の魅力を聞いてみたところ、こんな答えが返ってきた。

 「子育てをしながら仕事もバリバリして社会的な地位も高い。いわゆる“デキる女”でしょ。競争社会を生き抜くたくましさにあこがれるんだと思う」

 友人が指摘するように、勝間氏の経歴は輝かしい。19歳で会計士補の資格を取り、大学在学中から監査法人に勤務。その後、外資系の有名コンサルティング会社や金融会社でキャリアを積んで独立した。今では内閣府の男女共同参画会議の議員も務める。

 一方、私生活では2度の離婚歴がある一方、3女の母として子育てにも奮闘する。人生経験も豊富だ。

 勝間氏が主宰する、ワーキングマザーのための無料会員制インターネットサイト「ムギ畑」の会員数は、約4800人。「mixi」など別サイトを通じて知り合い、独自の勉強会を開くファンもいる。

 私自身、間もなく29歳になる独身。仕事をしながら結婚、子育てを経験し、社会で活躍する勝間氏にあこがれはある。仕事も自分なりに頑張ってきた。

 でも、それ以外のことに気が回らない。美容や健康にも大して気を使わず、私生活ではなるべく疲れるようなことはしたくない。

 仕事も結婚も育児も、すべて手に入れるには途方もないパワーが必要で、自分にはその力がないのではと不安に思うこともある。目標に向かって効率的に努力を続ける“カツマー”にはとてもなれそうにない。

 かつて勝間氏のような生き方を目指していて価値観が変わった方、アドバイスをくれる人生の先輩方のご意見をお待ちしています。(佳)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06-6633-1940 郵送 〒556-8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
【人生戦略の立て方】勝間和代 お金儲けは「感謝集め」
匿名?実名? 勝間和代氏vsひろゆき氏
「巣ごもり族」増殖中 不況で? IT時代で?
30代は「女子」!?
若い世代は飲酒より疲労とストレス 「人体の化学工場」肝臓

「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)
<火祭り>燃え上がれ、みこし…岐阜・手力雄神社(毎日新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上-東京国税局(時事通信)
ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)

対症療法、壊し屋…橋下vs井戸バトル再燃 総意どこ?3空港懇(産経新聞)

2010.04.12
 「抜本的解決策にならず、一元管理に合意できない」と大阪府の橋下徹知事が言えば、兵庫県の井戸敏三知事は「壊し屋とは話はできない」と応酬した。大阪市内のホテルで12日、開かれた関西3空港懇談会(座長=下妻博・関西経済連合会会長)。関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港を一元管理する案を「関西の総意」として国交省の成長戦略会議に提言することで最終合意したが、存廃対象の空港をめぐって議論は空転。最後まで隔たりが埋まらず、総意とは名ばかりの後味の悪い終結となった。

 冒頭で下妻座長は、今後10年先の3空港のあり方についてまとめた今回の合意案について「現実論として10年先をタームとして議論するのが必要。できることなら建設的な意見をうかがいたい」とクギを刺したが、会議は予定よりも1時間オーバーした。

 井戸知事は、3空港一元管理について理解を示す一方で、「伊丹空港で長距離便の活用や、神戸空港の便数増加など具体案を盛り込むべきだ」などと主張した。

 これに対し橋下知事は「合意できない。これでは乗れない」と反発。「今後10年では対症療法にすぎず、30年先まで考えないと、抜本的な改善にならない」と批判した。

 さらに、長期的な課題として空港の存廃の対象について、伊丹と神戸の名を明記するかどうかで議論は紛糾。橋下知事は「関空を含めた存廃を明確にしないと府は降りる。曖昧なことをしたから今まで動かなかった」と気色ばんだ。

 井戸知事は「あんたみたいな壊し屋とは話はできない」と一蹴。最終的には、橋下知事があくまで明記すべきだと反対した。

【関連記事】
関西3空港の一元管理で合意、地元懇談会、伊丹存廃あいまい表現
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線
橋下弁護士事務所に刃物男 銃刀法違反容疑で逮捕
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」
大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」
外国人地方参政権問題に一石

徳島海保が鳴門市沖の貨物船衝突事故で船長を書類送検(産経新聞)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
ミカン苗木の校庭、ほかに個人名義の土地3筆(読売新聞)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)
殺人容疑で同居女再逮捕=トランクケース女性遺体-警視庁(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。